スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


情報漏えいで看守を懲戒免職 鳥取(産経新聞)

 鳥取刑務所(鳥取市)は18日、同僚の机から盗んだ職員連絡網のコピーを元受刑者に渡したり、この元受刑者と私語を交わしたりする不適切な行為があったとして、処遇部の平田政彦看守(29)を懲戒免職にし、窃盗容疑で書類送検した。

 刑務所によると、平田看守は昨年11月〜今年3月、連絡網や受刑者4人の刑終了日などの情報を漏らしたほか、昨年6月〜同11月、元受刑者からミシン針を隠していると申し出を受けたのに上司に報告しなかったり、私語を交わしたりした。連絡網には職員数十人分の氏名や電話番号が載っていた。元受刑者とは競馬の話などを通じて親しくなったという。

 元受刑者は昨年11月に出所したが、出所後も平田看守と接触していることが分かり、刑務所が調査していた。

【関連記事】
居眠りや巡回怠慢、記録改ざんで隠す 長野刑務所の副看守長処分
留置女性に「下着見せて」 巡査長を戒告処分
受刑者の名前や罪名を漏洩 元看守起訴猶予 札幌地検
看守が手引き?メキシコで服役囚41人脱走
元看守部長が無罪を主張 福島刑務所の性的暴行陵虐事件

<敦賀原発>1号機原子炉停止へ 冷却水漏れで(毎日新聞)
首相、参院選負ければで辞任かとの質問に「気の早い人だね」(産経新聞)
もみじ谷大吊橋でフラワーウエディング 栃木・那須塩原(産経新聞)
沖縄と粘り強く協議=菅首相(時事通信)
交通事故死者数2000人突破 最もスローペース 15日現在2007人に(産経新聞)

樽床氏の地元「閉塞日本…挑戦に勇気づけられた」(産経新聞)

 民主党の代表選で4日、大阪府寝屋川市の樽床伸二氏の事務所には、後援会メンバーや地元市議らがかけつけ、推移を見守った。

 代表選に立候補し、総理を争うところまできたことに、後援会幹部の1人は「地盤も看板もないところからよくぞここまで来た」と感慨深げ。「初めての立候補で落選をしたときのことを思いだした。落選の翌日にも駅立ちして支援を訴えていてすごいと思った」と話した。

 また、別の幹部は「衆院選に立候補するときから『出るからには首相を目指す』と公言してきた人。今回はようやく巡り合わせがきたと思う。1回で通るとは思っていなかっただろうし、1、2回落ちてもあきらめる男ではない」と話した。

 ほかにも「菅さんよりも演説の内容が良かった。党も日本も閉塞(へいそく)感に覆われている今、代表選に立候補した意味は大きかった。結果は残念だが、勇気づけられた」といった声もあがった。

【関連記事】
菅直人氏が樽床氏下し民主新代表に 午後に第94代首相指名へ
菅代表就任で真紀子節“炸裂”「選挙管理内閣だから」
橋下知事、因縁の樽床氏に「ノーコメント」
「クリーンな政治」実現できるか 菅氏の手腕に注目
菅氏、早くも“上から目線”!? 「小沢さん静かにしていて」

橋下「維新の会」、大阪市議7人に 自民また1人離団(産経新聞)
<毎日新聞世論調査>菅内閣の高支持率 民主に早期参院選論(毎日新聞)
亀井金融相、郵政法案の今国会成立を強調(読売新聞)
元船長に懲役2年求刑=シー・シェパード捕鯨妨害―東京地裁(時事通信)
日立、ICTによるグリーン化を推進する「GeoAction100」を策定(Business Media 誠)

生活保護費を詐取容疑「貧困ビジネス」3人逮捕(読売新聞)

 転居を装い、引っ越し代などの名目で生活保護費を大阪市から詐取したとして、大阪府警捜査2課は30日、同市北区池田町、自称NPO団体「あしたばの会」の幹部・畑勲容疑者(47)ら3容疑者を詐欺容疑で逮捕した。

 畑容疑者らは少なくとも路上生活者ら15人に生活保護申請を指南していたといい、府警は家賃などの生活保護費をピンハネする「貧困ビジネス」を行っていたとみている。

 ほかの逮捕者は同市北区豊崎、無職・鍋嶋茂(59)、同市東住吉区照ヶ丘矢田、同・山本一人(46)両容疑者。

 発表によると、3人は昨年11〜12月、生活保護を受けている山本容疑者が神戸市内に転居するように装い、転居支援費用計約36万円をだまし取った疑い。山本容疑者は受給後も転居していなかった。同会は生活困窮者の就労支援団体と称しているが、NPO法人としての府の認証は受けていなかった。畑、鍋嶋両容疑者は容疑を否認、山本容疑者は認めているという。

<人事院>新規採用者を抑制 11年度は13人に(毎日新聞)
若手研究生の奨励を 御下賜金を機に賞設立(産経新聞)
みんなの党・渡辺代表「民主は自民のクローン」 連立も否定(産経新聞)
<普天間移設>民主党沖縄県連「到底容認できない」の見解(毎日新聞)
石綿国賠訴訟、控訴断念も=国敗訴判決めぐり閣僚協議(時事通信)

住基カード発行、445万枚=普及率は3.5%―総務省まとめ(時事通信)

 全国の市区町村の住民基本台帳カード(住基カード)の累計発行枚数が、2009年度末時点で444万7000枚となったことが24日、総務省の調査で分かった。09年3月末時点の住民基本台帳人口(約1億2708万人)に対する普及率は3.5%となった。
 09年度の発行枚数は前年度比9289枚減の104万8881枚。2年連続で100万枚を超えたが、03年度の発行開始以来初めて、前年度を下回った。
 累計発行枚数が多かった市区町村は、宮崎市が18万1561枚(09年3月末の人口40万21人)でトップ。横浜市の14万5691枚(同360万5951人)、大阪市の11万129枚(同252万5153人)が続いた。 

【関連ニュース】
国内移動、14年連続低下=景気低迷で
住基ネット活用、最有力に=税・社会保障の共通番号制度
住基ネット活用も検討を=共通番号制度で
複数分野束ねる「基礎番号」検討=社会保障と税の共通制度で
3大都市圏の転入超、5万人減=不況で09年、名古屋圏転出超に

<桜前線>ようやく稚内に到達 観測史上最長の73日(毎日新聞)
与野党、衆院比例単独候補も解禁の対象に 参院選からネット選挙解禁(産経新聞)
法務省、地方移管にゼロ回答=出先機関改革で公開討議―政府(時事通信)
福井新聞記者を逮捕=複製DVD販売で―福井県警(時事通信)
<楽しみたい>アニメのしっぽ ルパン三世(毎日新聞)

マンション住民の男を逮捕=男性2人刺殺−大阪府警(時事通信)

 大阪市西淀川区歌島のマンション一室で男性2人が刺殺された事件で、府警捜査1課と西淀川署は15日、この部屋に住む無職矢野裕一容疑者(44)を殺人容疑で逮捕した。容疑を認めているという。
 同課によると、刺された2人は14日昼ごろ、同容疑者宅に遊びに来ていたという。 

【関連ニュース】
通報の男逮捕=勤務先社長の刺殺容疑
耳かき店女性殺害で精神鑑定=弁護側が請求
兄刺殺、29歳弟を逮捕=「いない方がいい」
殺人で元解体工少年を起訴=石巻3人殺傷
知人の28歳会社員逮捕=茨城女性刺殺の疑い

<野党>終盤国会での「政治とカネ」追及で一致 5党幹事長(毎日新聞)
入札巡り200万円収賄容疑、空自技官を逮捕(読売新聞)
13市議が「松山維新の会」 道州制掲げ参院選は自民系支援(産経新聞)
「裁判員は違憲」不服申し立て棄却 最高裁(産経新聞)
<口蹄疫>種牛も感染疑い 49頭、初の殺処分(毎日新聞)

宮古島で震度3(時事通信)

 11日午前2時14分ごろ、沖縄県で地震があり、宮古島市で震度3の揺れを観測した。気象庁によると、震源地は宮古島近海で、震源の深さは約50キロ、地震の規模(マグニチュード)は4.5と推定される。 

【関連ニュース】
東京都心で震度3
新潟で震度4
群馬で震度3
京都で震度3
茨城で震度3

トキ 卵がまたカラスに奪われる 残りの卵がまだ存在か(毎日新聞)
「医療の場であってはならない」=患者撮影、真岡病院が謝罪(時事通信)
B型肝炎訴訟で首相ら、和解協議入り確認(読売新聞)
難航する幼保一体化 マニフェストいつ実現?(産経新聞)
<掘り出しニュース>「堀部安兵衛」「大石内蔵助」−−小学校階段に赤穂義士の名前(毎日新聞)

フロアマットで事故13件…ブレーキ・オーバーライド・システムの導入要請(レスポンス)

国土交通省は23日、昨年1年間に、フロアマットにアクセルペダルが引っ掛かるなど、フロアマットの不適切な使用方法による事故が13件あったとする調査結果を発表した。

これらの事故を分析した結果、社外品フロアマットの二重敷きが11件、未固定が2件で、乗降時や運転時にマットが前方にずれ、アクセルペダルを踏み込んだときにずれたフロアマットにアクセルペダルが引っ掛かり、運転者が意図しない加速が生じる可能性があることが分かった。

このため同省は日本自動車工業会と日本自動車輸入組合に対し、フロアマットの適切な使用方法をユーザーに周知するよう求めたほか、アクセルとブレーキが同時に踏まれた場合にブレーキが優先する「ブレーキ・オーバーライド・システム」の導入を検討するよう文書で要請した。

メーカー純正以外のフロアマットは年間約154万枚販売され、売上高25億円の市場規模となっている。同省では用品・部品業界および整備業界に対しても市販フロアマットの適切な使用をユーザーに周知するよう求めるとともに、フロアマットの使用方法に関する表示や形状の改善などを検討するよう要請した。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
ブレーキ・オーバーライド・システムを義務付けか
【高速道路新料金】川内国土交通委員長「6月の成案は無理」
[動画]横滑り防止装置「カイゼン」の成果…レクサス
国土交通省 特別編集

大正大学で「さくらそうフェア」 豊島区(産経新聞)
山崎さんシャトルの鮮明な写真=宇宙基地離れる際撮影−野口さん(時事通信)
詐欺容疑、社長ら再逮捕=石油事業出資事件−広島、熊本両県警(時事通信)
鹿児島知事、官房長官との単独面会応じず(読売新聞)
子宮頸がん 若い世代、低い認知度 20代前半で半数以下(産経新聞)

石原都知事、威光に陰り?4選出馬説も交錯(読売新聞)

 東京都の石原慎太郎知事(77)は、22日で知事在任11年を迎える。

 現在3期目で残り任期は1年。「今期限り」と公言していることから、都庁内では「ポスト石原」を見越して、「求心力は大きく低下している」(幹部)との声が目立っており、今後の都政運営が注目される。

 「知事の意向だから」。都庁内部で政策を調整する際、摩擦を避けるために幹部らが口にしてきた言葉だ。石原知事の考えであれば「ノー」とは言いにくい。だが、都のある幹部は、最近そのセリフが庁内で聞かれなくなったと打ち明ける。残り任期が短くなり、知事の「威光」も衰えてきているというのだ。

 「実施まで数年を要する大型事業はとても提案できる状況ではない」。複数の都幹部はこうも語る。

 石原知事は1999年に初当選。「今期限り」を明言した3期目は、昨年7月の都議選で、知事と距離を置く民主党が第1党に躍進したことから、難しい都政運営を強いられてきた。昨年10月には2016年夏季五輪の招致に失敗。築地市場の移転や新銀行東京の経営再建問題などにも直面し、今月9日の記者会見では、4選出馬について「無理だね。年寄りをいじめないほうがいいよ」と語った。

 一方、「ラスト1年」に庁内でくすぶり続けるのが「4選出馬説」だ。石原知事が否定しながらも、先月から今月にかけて「心境は複雑に変化している」などと繰り返すなど、折に触れ、微妙な表現で続投をにおわすためだ。実際、「石原知事が4選目指して出馬するなら最有力候補」との分析は都政関係者の間でほぼ一致する。

 国政に対する言動も目立つ。新党「たちあがれ日本」の発起人に名を連ねて行動を活発化させると、「知事自身が参院選に出るのではないか」との観測も広がった。民主党のある都議は、「気を持たせるような発言は、求心力を保とうとする知事の戦略」と推測する。

 残り1年を支える都幹部も、「注目される政策を打ち出してきた知事だから、また驚くような政策が出るかも知れない」と語った。

鳩山首相、古賀連合会長と今月3度目の会談(産経新聞)
邦人カメラマン死亡 職場で黙祷 旅行会社、混乱収束願う(産経新聞)
「時効廃止法案」が参院法務委で可決(産経新聞)
<地域政党>「橋下新党」が発足…大阪府議ら30人参加(毎日新聞)
「教習所行ったが…」20年無免許運転の男逮捕(読売新聞)

<ニュース1週間>井上ひさしさんが死去/ポーランド大統領搭乗機が墜落(毎日新聞)

 今週(4月10〜16日)のニュースをまとめた。

【事故現場の様子を写真で見る】ポーランド大統領機墜落

 ◇井上ひさしさんが死去

 人間や社会のあり方を笑いの衣に包んで問いかける作品を多数執筆して「現代の戯作者」と呼ばれ、一貫して反戦を訴えた小説家・劇作家の井上ひさし(いのうえ・ひさし、本名・廈=ひさし)さんが9日、肺がんのため神奈川県鎌倉市の自宅で死去した。75歳。

 山元護久さんと共作したNHK人形劇「ひょっこりひょうたん島」(64〜69年)が好評を博し、舞台では「道元の冒険」で岸田国士戯曲賞を受賞、84年には劇団「こまつ座」を旗揚げ。小説「手鎖心中」で直木賞、「吉里吉里人」は日本SF大賞などを受賞。日本ペンクラブ会長を務め、大江健三郎さんらと護憲活動にも取り組んだ。

 ◇「たちあがれ日本」の略称は「日本」

 無所属の平沼赳夫元経済産業相(70)と、自民党に離党届を出した与謝野馨元財務相(71)らが10日、東京都内のホテルで記者会見し、新党「たちあがれ日本」の結成を発表した。平沼氏が代表、与謝野氏が共同代表に就任した。同党は13日、7月の参院選比例代表で使う略称を「日本」とする方針を決めた。昨年の衆院選比例代表では新党日本が「日本」を使用しており、今回の参院選で両党が同じ略称を使えば、獲得票数に応じて案分される。

 ◇ポーランド大統領搭乗機が墜落

 1940年に起きた「カチンの森事件」の追悼式に向かうカチンスキ大統領らを乗せたポーランド政府専用機は10日、ロシア西部スモレンスクの森に墜落、大破した。同機にはカチンスキ大統領夫妻のほか、軍参謀総長や中央銀行総裁、主要政党幹部らが搭乗。国家の要人を一挙に失った。

 ◇タイで日本人カメラマン狙撃され死亡

 タイ政府は10日、首都バンコク中心部で反政府集会を続けるタクシン元首相派組織「反独裁民主戦線」(UDD)の強制排除に乗り出した。軍や警察部隊とデモ隊との大規模な衝突に発展し、地元病院によると、ロイター通信の日本人テレビカメラマン、村本博之さん(43)を含む民間人7人と兵士6人の計13人が死亡。ロイター通信によると521人が負傷した。タクシン派に対する軍の鎮圧で死傷者が出たのは、昨年4月にUDDの抗議行動が暴徒化した際以来。

 ◇新生銀行とあおぞら銀行、合併破談

 新生銀行とあおぞら銀行は、10月に予定していた合併を白紙に戻す方針を固めた。合併行の経営方針をめぐって溝が埋まらなかったうえ、新生が10年3月期に1000億円規模の連結最終赤字に陥る見通しとなり、当初1対1としていた合併比率の実現が難しくなったため。今後は営業面などで業務提携する方向で調整する。

 ◇シカにボーガンの容疑者逮捕

 奈良市の奈良公園で先月、ボーガン(洋弓銃)の矢が刺さった雌ジカが死んだ事件で、奈良県警は13日、津市の飲食店経営、稲垣銀次郎容疑者(39)を文化財保護法違反(天然記念物のき損)容疑で逮捕し、自宅を家宅捜索した。逮捕容疑は、3月12日夜〜13日未明、奈良公園内にある春日大社境内で、シカにボーガンで矢(長さ約52センチ)を放ち、死なせた疑い。奈良公園一帯のシカは国の天然記念物に指定されている。

 ◇TOSHIさんの事務所が破産

 人気ロックグループ「X JAPAN」のボーカル、TOSHI(トシ)さんの個人事務所「トシオフィス」(栃木県那須塩原市)が、東京地裁から7日付で破産開始決定を受けていた。トシオフィスは企画会社「ホームオブハート」の実質的な広報、営業部門を担当。ホームオブハートは運営する自己啓発セミナーを巡る訴訟で3月、元参加者と和解している。

 ◇亀田史郎氏を“永久追放”

 3月27日の世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王座統一戦で敗れた亀田興毅選手(23)=亀田=の父史郎氏(44)が試合後に立会人らに暴言を吐いた問題で日本ボクシングコミッション(JBC)は13日、東京都内で倫理委員会を開き、史郎氏にセコンドライセンス取り消しの処分を科すことを、全会一致で決めた。今後いかなるライセンスの申請も受理せず、JBCの管理権限が及ぶ客席、リングサイド、控室への立ち入りも禁止した。事実上の永久追放といえる重い処罰となった。

 ◇復帰のウッズはVならず

 男子ゴルフの今季メジャー第1戦、マスターズ・トーナメントは11日、当地のオーガスタ・ナショナルGC(7435ヤード、パー72)で最終ラウンドを行い、フィル・ミケルソン(米国)が通算16アンダーの272で4年ぶり3度目の優勝を果たした。出場自粛からの復帰戦となったタイガー・ウッズ(米国)は、7番と15番でイーグルを決めるなど69と三つスコアを伸ばすも、4位タイに終わった。

 ◇1Q84続編が発売

 村上春樹さんの長編小説「1Q84」の「BOOK3」(新潮社、1995円)の“秘密のベール”が16日、外された。ベストセラーとなった「BOOK1」「BOOK2」の同時刊行から約11カ月。一部の書店では午前0時に発売が始まり、熱心なファンらが次々と待望の新刊を買い求めた。

【関連ニュース】
【写真で見る】追悼 井上ひさしさん
【関連写真特集】亀田興、判定で初黒星 王座陥落…トリプル世界戦の模様
【関連記事】1Q84:「BOOK3」16日に発売 フィーバー再燃か

ペーパーショウ 紙の魅力を再発見 東京「丸ビル」で開催(毎日新聞)
精神医学 裁判員向け初の用語集出版(毎日新聞)
<神埼市長選>松本氏が再選 佐賀(毎日新聞)
中学教諭が酒気帯び事故「警察に言わないで」(読売新聞)
肝臓、膵臓、乳がんの変異公開=ゲノム解析で新治療法期待−国際チーム(時事通信)

簡易アンテナ無料で貸し出し=地デジ受信環境の確認用−総務省(時事通信)

 総務省は13日、卓上型の簡易アンテナで地上デジタル放送を受信できるかどうかを確認するための専用キットの無料貸し出しを20日に開始すると発表した。貸出期間は1週間。2011年7月の地デジ完全移行に向け、アンテナ設置などの対応を促す狙い。南関東で2月から先行実施してきた取り組みを全国に拡大する。
 地デジを直接受信するには地デジ対応のUHFアンテナを屋根などに設置する必要があるが、電波の強い地域では室内に置ける簡易アンテナでも受信可能。専用キットはチューナーやケーブルなどもセットになっており、簡易アンテナで地デジが映るかどうか試すことができる。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕新電波塔「東京スカイツリー」
地デジをアナログに変換=JCOM
エクアドルも日本方式採用=地デジ
NHK予算案を承認=衆院
「デジアナ変換」導入を要請=CATV各社に

「いつか3人で宇宙旅行」=山崎さんから家族に初メール(時事通信)
「仕分け人」に働き掛けないで=行政刷新相(時事通信)
独自3原則で独法見直し=直嶋経産相(時事通信)
走行中の後席、7歳男児が窓に首挟まれ意識不明(読売新聞)
<坂本龍馬像>飲酒運転はいかんぜよ 巨大人形で呼びかけ(毎日新聞)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
カードでお金
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化
ライブチャット
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
ショッピング枠現金化
審査 甘い キャッシング
オークス
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM